ここから本文です

犬の「ベタな名前」外国は?アメリカはマックス!中国は「色重視」 日本は「ポチ」でも「シロ」でもなく…

7/31(月) 7:00配信

withnews

 「ベタな犬の名前」と言われて思い浮かぶ「ポチ」「シロ」「タロウ」……。では、外国ではどんな名前が人気なのでしょう? 世界各国の「ベタな名前」を調べてみました。

増刷しといてよかった! 秋田犬ポスター、キャンペーン後にブレイク

英語圏メスは「Bella」

 まず英語圏。イギリスのペット保険会社「Animal Friends」が調べた2016年の人気の名前ランキングがあります。

 それによると、アメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国で、メスの1位が「Bella(ベラ)」に集中しました。

 ちなみに、フランスでも、メスでは「Belle(Bella)」がトップでした。

 オスに関しては国ごとで違いが出ました。

 同じ調査では、アメリカでオスの1番は「Max(マックス)」。その他、「Bailey(ベイリー)」も人気の名前として上がっています。

 イギリスのオスの1番人気は「Alfie(アルフィー)」。ロンドンにある老舗ペットショップ「Bow Wow London」の店員に聞いたところ、「最近は『Poppy(ポピー)』も増えていますが、『Alfie』のほうがより『ベタな名前』ですね」と話していました。

 ちなみに、オーストラリアのオスの1位は「Charlie(チャーリー)」でした。

動物販売の規制が厳しいドイツ

 ドイツ語はどうでしょう。

 動物販売への法規制が厳しいドイツでは、保護された犬を引き取って飼うのが一般的です。

 動物福祉団体「TASSO」の調査によると、2016年の一番人気は、メスが「Luna(ルナ)」、オスが「Balu(Balou=バロウ)」でした。

フランスでは「スヌーピー」

 メスの名前で「Belle/Bella」が一番多かったフランス。犬の愛好家のコミュニティ「chien」の調査によると、オスの名前でトップは「Caramel(キャラメル)」でした。

 一方、オスとメスの両方を合わせた総合ランキングでは「Snoopy(スヌーピー)」がトップに。

 ロシア人留学生によると、ロシアでは「Bim(ビム)」「Jack(ジャック)」などの名前が人気です。そして、王様や神様の意味を持つ「Czar(ツァー)」「Rex(レックス)」「Mars( マルス)」も「ベタな名前」になっているそうです。ちなみに、プーチン大統領の愛犬の名前は「Koni(コニー)」です。

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 7:00
withnews