ここから本文です

フィンエアー、A350でもマリメッコ 特別塗装機、9月受領へ

7/28(金) 18:38配信

Aviation Wire

 フィンエアー(FIN/AY)は7月28日、11号機として受領予定のエアバスA350-900型機に、北欧のデザインブランド「マリメッコ」の特別塗装を施すと発表した。同社3機目のマリメッコ塗装で、9月下旬をめどに受領する。

 A350にデザインするのは、石をモチーフにしシンプルなブルーをあしらった「Kivet(キヴェット)」。マリメッコ塗装は、フィンランド語でケシの花を意味する「Unikko(ウニッコ)」をデザインしたA340とA330に次いで3機目となる。

 マリメッコ塗装のA350は28日現在、最終工程段階を迎えている。8月20日ごろから1カ月間、最終テストや試験飛行に臨み、9月下旬をめどに受領する見込み。

 マリメッコとフィンエアーのデザインコラボレーションは2012年に開始。2013年からは全路線でマリメッコがデザインしたテキスタイルやテーブルウェアが採用されている。

 フィンエアーはA350-900を19機発注済みで、2015年10月に初号機(登録番号OH-LWA)を受領し、現在までに10機を受領済み。2023年末までに全機がそろう。座席数は297席で、ビジネス46席とエコノミーコンフォート43席、エコノミー208席の3クラス構成となっている。

 同社はことし6月から、A350を日本路線に本格投入。4日にヘルシンキを出発した成田行きAY71便が定期導入初便となった。

Yusuke KOHASE

最終更新:7/28(金) 18:38
Aviation Wire