ここから本文です

石川遼、再開後の8番では驚かされたが…第1Rは1アンダーでフィニッシュ

7/28(金) 13:35配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<RBCカナディアン・オープン 初日◇27日◇グレン・アビーGC(7,253ヤード・パー72)>

全英でこれから語り継がれるスピースの“練習場ショット”

米国男子ツアー「RBCカナディアン・オープン」が開幕。競技は雷により中断され、再開されたが15名の選手がホールアウトできず日没サスペンデッドに。日本勢で唯一この大会に参戦している石川遼は4バーディ・3ボギーの“71”でフィニッシュ。1アンダー暫定87位タイにつけた。

中断前に2つスコアを伸ばしていたが、再開後の8番では3パットのボギーに。ファーストパットが「すごいショートしてしまって。あそこはちょっとビックリしました。だいぶ重くなっちゃったかなと」とコンディションの違いに驚かされた。ハーフターン後もボギーが先行したが、2つのパー5でバーディを奪い、初日をアンダーで終えることができた。「ショットもこの3試合でよくなってきているので」と手ごたえも得た。

明日は「パー5はイーグルチャンスにつけたいし、やっとバーディというよりはイーグル逃しのバーディーというような感じでいきたい。パー4もチャンスあるところがあるので、獲れるよう頑張ります」と抱負を語った石川。第2ラウンドでもスコアを伸ばし、6試合ぶりの予選突破となるか。

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>