ここから本文です

『ドラゴンクエストX オンライン』プレイ日記(第143回) バトル・ルネッサンスでフィルグレアに挑戦!

7/28(金) 12:03配信

ファミ通.com

文:ライター ゴジラ太田

●ついに『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』が発売!
 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! この記事が掲載される翌日、2017年7月29日は、待ちに待った『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(以下、『DQXI』)の発売日です!

 アストルティアにも、『DQXI』の舞台“ロトゼタシア”から、旅芸人のシルビアが来訪しています。『DQXI』発売日の29日からはコラボイベントも開始されるので、ロトゼタシアでの冒険と併せて、アストルティアにも訪れましょう!

 ちなみに俺も当然『DQXI』は遊びますが、1回目のプレイではまずプレイステーション4版でストーリーを堪能し、2回目のプレイでニンテンドー3DS版をやり込みプレイするつもりです!

●バトル・ルネッサンスでフィルグレアに挑戦!
 バージョン3.5後期の大型アップデートで、バトル・ルネッサンスに氷の領界のボスが追加されました。氷の領界といえば、氷魔フィルグレアに超苦戦した冒険者も多いのではないでしょうか? 俺ももちろん、そのひとりです。

 というわけで、“超強い”の氷魔フィルグレアが、どのくらい強いのかをさっそく体験してきました!

 パーティ編成は戦士、まもの使い、旅芸人、僧侶。そしてこの戦いではエステラもパーティに参加してくれます。しかし氷魔フィルグレア以外も、フロスティや各色の巨人など、氷の領界のストーリーボスはみんな強かったですね……。と、それは置いといて、いまは氷魔フィルグレアとの対決に集中!

 ……戦闘開始から3分で全滅しました(笑)。とりあえず突っ込んでみましたが、これは適当に戦っていたら確実に勝てない!(当たり前)

 フレンドから「パラディンで動きを止めていた記憶がある」と聞いたので、その情報を頼りにパーティ編成を変更。今度は戦士、パラディン、旅芸人、僧侶にしてみました。

 おお、これはいい! パラディンと戦士で、フィルグレアをぐいぐいと押せます! エステラが三竜陣を出現させると、フィルグレアは結晶を破壊しようと行動しますが、パラディンが押さえ込んでくれているおかげで、結晶を壊されることなく発動できます。これはラクチン!

 3つの陣が発動後は、一定時間ダメージ完全ガード状態になり、こちらの与えるダメージが大幅アップ。まさにヒャッハータイム!

 このくり返しで危なげなくフィルグレアのHPを減らしていったのですが、ミラーリングを使われて2体になったら状況が急変。

 1体を抑えても残り1体に暴れられ、いきなり半壊状態に……。なんとか1体倒して戦況を戻そうとしましたが、猛攻に耐え切れずに全滅してしまいました。もう少しだったのに……(´;ω;`)


 どうやらミラーリングは瀕死状態にならないと使ってこないようなので、“瀕死状態になったら大ダメージを与えて一気に倒してしまおう作戦”に変更。旅芸人を魔法戦士に変えて、その役目をフォースブレイクに任せます。

 旅芸人と魔法戦士が入れ換わりましたが、戦いかたは前回と大差ないはず、と思っていたら、序盤でいきなり半壊の図。ぶっちゃけて言うと、状態異常耐性もとくに用意していませんでした。

 それでも何とか体勢を立て直し、先ほどと同じく順調にダメージを与えていきます。今度は三竜陣発動のタイミングでフォースブレイクも使えるので、ワンチャンスに与えられるダメージ量がハンパない! あっという間にフィルグレアのHPを奪っていきます。

 瀕死になりミラーリングを使ってきました! 理想はミラーリングを使われる前に倒すことでしたが、こちらの“大ダメージで一気に倒してしまおう作戦”のおかげで、分身が出現した直後にフィルグレア1体を倒せました! こうなれば、これまでと同じく1体だけを相手にしている状況と変わりません。

 最後少しヒヤリとした場面がありましたが、ついに討伐! 追加の条件は何も達成できなかったけど……。とりあえずクリアーするだけなら、パラディンと魔法戦士がいればかなり楽になりますね!

 追加条件の達成は、グロリア報酬で新たなスキルブックが出たときに本気を出します(笑)。

 それでは、また次回!


●お知らせ
Windows版『ドラゴンクエストX オンライン』のベンチマークソフトは、こちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

●過去の『DQX』プレイ日記はこちら
第142回、第141回、第140回、第139回、第138回、第137回、第136回、第135回、第134回、第133回、第132回、第131回、第130回、第129回、第128回、第127回、第126回、第125回、第124回、第123回、第122回、第121回、第120回、第119回、第118回、第117回、第116回、第115回、第114回、第113回、第112回、第111回、第110回、第109回、第108回、第107回、第106回、第105回、第104回、第103回、第102回、第101回

第100回、第99回、第98回、第97回、第96回、第95回、第94回、第93回、第92回、第91回、第90回、第89回、第88回、第87回、第86回、第85回、第84回、第83回、第82回、第81回、第80回、第79回、第78回、第77回、第76回、第75回、第74回、第73回、第72回、第71回、第70回、第69回、第68回、第67回、第66回、第65回、第64回、第63回、第62回、第61回、第60回、第59回、第58回、第57回、第56回、第55回、第54回、第53回、第52回、第51回、第50回、第49回、第48回、第47回、第46回、第45回、第44回、第43回、第42回、第41回、第40回、第39回、第38回、第37回、第36回、第35回、第34回、第33回、第32回、第31回、第30回、第29回、第28回、第27回、第26回、第25回、第24回、第23回、第22回、第21回、第20回、第19回、第18回、第17回、第16回、第15回、第14回、第13回、第12回、第11回、第10回、第9回、第8回、第7回、第6回、第5回、第4回、第3回、第2回、第1回

●『DQX』サービス開始~2周年までのプレイリポート(第1回~第100回)はこちら

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:プレイステーション4 / Nintendo Switch
発売日:PS4版:2017年8月17日発売予定、Switch版:2017年9月21日発売予定
価格:4800円[税抜](5184円[税込]) ※プレイ料金は備考欄参照
ジャンル:RPG / 冒険・ファンタジー


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:Wii U / Wii / Windows
発売日:サービス中
価格:30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG / 冒険・ファンタジー


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:サービス中
価格:30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル:RPG / 冒険・ファンタジー


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー:スクウェア・エニックス
対応機種:iPhone/iPod touch / Android
発売日:サービス中
価格:10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル:RPG / 冒険・ファンタジー

最終更新:7/28(金) 12:03
ファミ通.com

Yahoo!ニュースからのお知らせ