ここから本文です

台湾・台中で美食展開幕 花博のお土産スイーツを決めるコンテストも

7/28(金) 19:18配信

中央社フォーカス台湾

(台中 28日 中央社)中部・台中世界貿易センター主催の「台中休カン美食展」(台中レジャー&ファインフードショー)が28日から、同センターで開催されている。初日には、来年開幕の台中フローラ世界博覧会のお土産スイーツを選び出すコンテストも行われた。(カン=門がまえに月)

同展はグルメとレジャーにスポットを当てた中部最大規模の見本市で、今年で12回目を迎える。今年は食品・ベーカリー・レジャー関連の170業者が出展。旅行や土産品などの情報を提供するほか、地方の特産品などを展示販売する。

美食展と同時開催する「台湾金餅奨」(台中市政府主催)は今年で4回目。台中銘菓「太陽餅」と台湾の伝統菓子「緑豆椪」、テーマに合わせた創作菓子の3部門が設けられ、今年のテーマは、台中フローラ世界博覧会にちなんだ「花博餅」。応募総数110組から勝ち残った10組ずつ計30組が決勝に臨み、「花博餅」部門の受賞作品は、同博覧会のお土産として会場で展示販売されることになるという。結果発表と表彰式は29日午前に行われる。

同展の開催は31日まで。

(カク雪卿/編集:塚越西穂)