ここから本文です

賜杯、横綱に期待 土浦で高安の大関昇進祝賀会

7/28(金) 9:00配信

茨城新聞クロスアイ

大相撲の新大関高安関(27)=本名高安晃、土浦市出身、田子ノ浦部屋=の昇進を祝う祝賀会が27日、同市城北町のホテルマロウド筑波で開かれ、約800人のファンが駆け付け、改めて大関昇進を祝うとともに、賜杯と横綱昇進に期待を寄せた。

祝賀会は地元後援会が主催。高安関は田子ノ浦親方らとともに会場を訪れ、ファンから大きな拍手や声援を浴びた。あいさつで「晴れて大関昇進できたのも土浦の皆さんの応援のたまもの。先場所(名古屋場所)では皆さんの期待に添えなかったが、来場所も優勝の2文字を目標に頑張りたい。今後もお力添えを頂きたい」と感謝した。

後援会長の中川清市長は「苦労に耐えて昇進した高安関は土浦の誇り。昇進の口上通り正々堂々と優勝、横綱を目指してほしい」と激励した。

高安関は、ファンと握手会にも臨んだ。つくば市の教諭、六笠芳江さん(55)は「大きく温かい手だった。さらに大関の上を目指して頑張ってほしい」と期待した。(綿引正雄)

茨城新聞社