ここから本文です

決算発表本格化で右往左往させられそう

7/28(金) 8:10配信

ZUU online

一昨日から梅雨が戻ってきたような感じの天気となっています。株式市場は堅調といえば堅調ですが、上値も重く、ますます動きが取れないという感じになっています。変動率(ボラティリティー)が低いということが言われていますが、「休むも相場」ということで動かないときはジタバタせずにのんびりと決算を見ながら次の銘柄を探すということで良いのだと思います。

動いている銘柄にどうしても目が行きがちですが、動いているものに飛び乗ってしっかりと利益を上げるよりもじっくりと構えて、買い場で買い、売り場で売るということで良いのだと思います。こうなるとまたうまく乗れたことを自慢げに話す人もいるのでしょうが、やはりここは「見ざる聞かざる言わざる」ということが良いと思います。

米国市場で一時ナスダック指数が大きく売られる場面もあり、本日の日本市場は冴えない展開になりそうです。為替への反応は鈍く、好決算銘柄などもあるのですが、夜間取引やシカゴ市場の日経平均先物が一時20,000円を割り込む場面も見られるなど、積極的に上値を買い上がるということでもなく、週末の手仕舞い売りもあって冴えない展開になりそうです。

昨日は予想外に堅調でしたが、さすがに本日は手仕舞い売りも嵩んで再び2万円の攻防となるのではないかと思います。米国市場も決算発表に反応して右往左往している感じですが、日本市場も決算発表が本格化するなかで右往左往させられそうです。それでも2万円を挟んでの保ち合いが続くと見られます。

■本日の投資戦略

個別に決算発表に反応しているという感じです。思った以上に好決算に反応し過ぎている感じでもあり、好決算を発表したからといって深追いは禁物ではないかと思います。人気の移り変わりが早い感じですから、手早く乗り換えられるのであればいいのですが、決算発表に反応していくというよりはしっかりと利益を確保していくということを考える方が良いと思います。

ハイテク銘柄なども好調な決算となっていますが、先の先まで期待し過ぎているものもあるのではないかと思います。米国の金利動向なども気になるところですし、好調な決算が多くなると日本でも金利上昇とか日銀の金融緩和姿勢の変化などが取りざたされるということもありそうで、慎重に見るということで良いのだと思います。

清水 洋介(しみず ようすけ)
証券経済アナリスト。大和証券、ソシエテジェネラル証券、マネックス証券を経て投資情報サービス会社「ピクシスリサーチ」を設立 (現・アルゴナビス)、「チャートの先生」「投資のプロ」として、講演やセミナー活動を活発に開催。テレビや雑誌などでも投資についての解説、講義なども行っている。メールマガジンも配信中。

※当記事は、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。

最終更新:7/28(金) 8:10
ZUU online