ここから本文です

<フジテレビ>「コード・ブルー」好調 「社内のムードよくなってきている」

7/28(金) 18:10配信

まんたんウェブ

 フジテレビが28日、定例社長会見を開き、宮内正喜社長は7月クールの“月9”ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON」の高視聴率について、「シリーズを重ねるごとにキャスティング、出演の皆さんの熟成度が上がってきているのが視聴者に受け入れられているのではないか」と好調の理由を分析した。

【写真特集】ガッキーがカッコいい! 第2話の名シーン

 また、宮内社長は着任してから「月9の高視聴率もあって、ムードがよくなってきている。系列局から雰囲気が変わったという言葉もいただいた。いい方向に向いている」と実感。「今年の10月期、来年の4月期、10月期まで見越して低迷している視聴率をなんとか底上げをはかりたい。現場からいままでにないようなアイデアも出てきており、現場も私の意を介してくれているのではないかと考えている」と手応えを語った。

 今回が第3シーズンとなる「コード・ブルー」は24日放送された第2話の平均視聴率は15.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と初回(16.3%)に続いて15%以上を記録。2話連続で15%を超えたのは2014年の「HERO」第2期以来3年ぶり。初回のタイムシフト視聴率は24.5%を記録している。

 「コード・ブルー」は、“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指す若者たちの物語で2008年7月期に放送。翔陽大学附属北部病院救命救急センターを舞台に藍沢、白石、緋山、藤川、冴島が成長していく姿を描いた。その後、09年1月にスペシャルドラマ、10年1月期にセカンドシーズンが放送された。続編となる今作は約7年ぶりとなる新シーズンで、山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんらが再び集結。医師、看護師として10年を超えるキャリアを積んだ5人が人生の新たな局面に立つ……という物語。安藤政信さん、「Hey! Say! JUMP」の有岡大貴さん、成田凌さん、新木優子さん、馬場ふみかさん、椎名桔平さんらも出演している。

最終更新:7/28(金) 18:25
まんたんウェブ