ここから本文です

(患者を生きる:3354)我が家で 仲間と暮らす:5 情報編 在宅支援、進まない利用

7/28(金) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 最近、難病患者の暮らしを支える医療と福祉に関する新たな法律が相次いで施行され、仕組みが変わった。制度の利用の相談は、保健所や都道府県の難病相談支援センターなどで受け付けている。
 2015年の難病法施行で、医療費の助成を受けられる対象の指定難病が増え、今年4月で330になった。自己負担は収入で異なり、負担が増える例もある。
 指定難病の人がすべて助成の対象になるわけではなく、病気ごとに定められた重症度で決まる。例えばパーキンソン病では、姿勢を保つことができないなど重症度3以上で、さらに日常生活や通院などに介助が必要な人が対象だ。……本文:1,921文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社