ここから本文です

ナビタイムとKDDI、仲間と一緒のドライブに便利な「グループドライブ」サービス開始

7/28(金) 14:00配信

アスキー

ナビタイムとKDDIは、ナビアプリの新機能として最大10名までのグループメンバーがどこにいるのかすぐに分かり情報を共有できる「グループドライブ」を追加する。

 ナビタイムジャパンとKDDIは7月26日、カーナビアプリにてドライバーがお互いの情報を共有できる「グループドライブ」を発表。7月31日に提供開始する。
 
 カーナビアプリ「NAVITIMEドライブサポーター」と「au助手席ナビ」それぞれで提供される。1グループ最大10名のドライバーがお互いの位置情報、移動ルート、目的地までの到着予定時刻を共有、情報はリアルタイムに更新されて一覧画面や地図上で確認できる。
 
 NAVITIMEドライブサポーターまたはau助手席ナビの有料会員登録しているユーザーがリーダーとしてグループを作り、メンバーに追加したいユーザーを招待(LINEやメール)。招待されるユーザーは有料会員でなくても参加でき、リーダーが設定した目的地までの音声ナビガイドをグループ作成時点から24時間利用可能。
 
 au助手席ナビの利用においては、au以外のスマホ利用者でもアプリをダウンロードすればメンバーとして招待して参加できる。また、KDDIはキャンペーンとして、au助手席ナビを月額コースで新規で会員登録したユーザーにはもれなくデータ容量200MB、グループドライブ機能を利用したユーザーには抽選で800MBのデータ通信量をプレゼントする。NAVITIMEドライブサポーターおよびau助手席ナビはいずれもiOS版、Android版が提供されている。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:7/28(金) 14:00
アスキー