ここから本文です

ジャマイカの新旧ミュージシャンが集結した『イナ・ディ・ヤード』が発売に

7/28(金) 17:19配信

CDジャーナル

 “ミスター・ソウル・オブ・ジャマイカ”ことケン・ブースを筆頭に、ロイド・パークス(ウィー・ザ・ピープル、テクニクス)、セドリック・マイトン(コンゴス)、キダス・アイ(映画『ロッカーズ』出演)、ヴァイスロイズ、ウィンストン・マカナフといった伝説的アーティストと、新世代のルーツ・レゲエ・シンガー、デラジャーら新旧のミュージシャンが参加したアルバム『イナ・ディ・ヤード』(VIVO-457 2,500円 + 税)が、7月30日(日)にリリースされます。

 『イナ・ディ・ヤード』は2000年代に“Makasound”レーベルからリリースされたアール・チナ・スミスを中心としたルーツ・レゲエのシリーズから誕生したアルバム。ジュニア・マーヴィンやマイティ・ダイアモンズらのアルバムは高い評価を得たものの、レーベル自体が2011年に消滅。しかし新レーベル“Chapter Two”がそのスピリットを継承し、ニュー・アルバム『イナ・ディ・ヤード』をリリース。オーガニックなジャマイカン・サウンドが楽しめるアルバムとなっています。

最終更新:7/28(金) 17:19
CDジャーナル