ここから本文です

次の“ミセスV”は私! 新婚の川満陽香理は「流れに乗りたい」

7/28(金) 19:37配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 2日目(28日)◇鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨県)◇6587yd(パー72)

【画像】米国ツアーで珍事 男子プロがラウンド直後にプロポーズ!

37位で出たツアー未勝利の川満陽香理が1イーグル5バーディ、ノーボギーの「65」をマークし、通算8アンダーの3位で決勝ラウンドに進んだ。

「きょうは迷いもなく、攻めるところは攻めていった。流れが良かった。これまではショットかパットか、どちらかだけ良かったが、きょうはうまくはまってくれました」。後半3番(パー5)では2打目を5Wで刻むと、残り74yを58度でカップに沈めるイーグルでギャラリーから喝采。8番、9番でも連続バーディを奪い、スコアを7つ伸ばして順位を上げた。

昨年11月には、シャフトメーカーに勤務する男性(34)と結婚。「あんまり変わらない」と私生活も含めた変化はないと言うが、こちらも新婚の若林舞衣子が3月「アクサレディス in MIYAZAKI」、テレサ・ルー(台湾)が4月「スタジオアリス女子オープン」と立て続けに“ミセス初V”を飾っただけに、「その流れに乗りたいが…、地に足をつけてやりたい」と笑った。

後輩から大きな刺激ももらった。自身と同じくGOLF5に所属する穴井詩が、前週の「センチュリー21レディス」でツアー2勝目を達成。「一緒に練習していた子が優勝したのでイメージができる。優勝は手に届かないものじゃない気がして、刺激になる」。合宿などで切磋琢磨してきた仲間だけに、自身がカップを掲げるイメージも膨らんだ。

今季は19試合に出場して最高位は16位タイどまり。初Vを目指し、3日目以降は「リーダーボードを見ないで、自分のゴルフに集中したい」と気持ちを引き締めた。(山梨県鳴沢村/玉木充)