ここから本文です

サガン鳥栖、コロンビア代表FWイバルボを完全移籍で獲得…28日に再登録

7/28(金) 16:02配信

GOAL

サガン鳥栖は7月28日、カリアリ(イタリア)から期限付き移籍しているコロンビア代表FWビクトル・イバルボが、完全移籍で加入すると発表した。

豪華すぎるメッシ、ベッカムらの豪邸…数十億円の家はまるでCGみたい!【43枚】

イバルボは鳥栖の公式サイトを通じ、「完全移籍という形で、あらためてサガン鳥栖にてプレーする機会を与えてくださった竹原社長、ミステル(監督)、スポンサーの皆さま、クラブ関係者の皆さま、チームメイトたちに、心から感謝します。そして自分のプレーを通じて、サガン鳥栖ファン・サポーターの皆さまに、サッカーでしか得られない喜び、感動を何度も味わっていただけるよう常に全力を尽くします」とコメントしている。

イバルボは3月に加入し、リーグ戦10試合に出場しているが無得点。6月25日に行われた明治安田生命J1リーグ第16節・浦和レッズ戦での先発出場を最後に登録抹消となっていたが、7月28日に再登録された。

27歳のイバルボは、2011年に母国のアトレティコ・ナシオナルからカリアリに加入。3シーズン半に渡って主力としてプレーした。2015年1月にローマへレンタル移籍したもののポジションをつかめず、同年9月にはワトフォードへレンタル移籍。その後もアトレティコ・ナシオナル、パナシナイコスとイタリア国外をレンタルで転々とし、2017年1月末にカリアリへ復帰していた。同選手はコロンビア代表としても活躍しており、2014年のブラジル・ワールドカップや2015年のコパ・アメリカにも出場している。

GOAL

最終更新:7/28(金) 16:02
GOAL