ここから本文です

福山雅治の名前には頼らない?吹石一恵の出産後もブレない女優力とは?

7/28(金) 12:32配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

女優の吹石一恵(34)の仕事復帰が話題に。2015年に人気俳優福山雅治(48)と結婚し、2016年12月、第一子を出産した。2017年5月にはアイスのCMに出演、7月はアイス工場のオープニングセレモニーに出席し、産後半年とは思えない抜群のスタイルを見せつけた。

【詳細】他の写真はこちら

◆老若男女に好かれる女優
吹石一恵は、知的で清楚な佇まいが特徴的な正統派美人女優だ。実は隠れ巨乳で男受けするスタイルの持ち主だが、楚々とした控えめな立ち居振る舞いで、老若男女問わず好感度が高い。長期間「抱かれたい男」1位を独占し続け、抜群の女性人気を誇る大スター福山雅治と結婚したときには、30歳を超えた立派な大人。ネット上でもワイドショーでも「突っ込みどころのない選択」と言われ、嫉妬によるバッシングすら控えめだった。

◆女漁師役も似合う凛とした美貌
アイスのCMで仕事復帰し、引き続き回転ずしチェーン「かっぱ寿司」のイメージキャラクターに就任し、“女漁師”役を好演している。キリリとした美貌に、飾り気のない海の女の姿は思いの外、似合っており、出産後も吹石一恵という女優の地位は盤石であることが予想できる。

◆七光を必要としないマイペースなキャリア
ネット上では「復帰が早すぎる」といったアンチ発言はあっても、「スターの夫の七光」的な批判は見つからなかった。さらに彼女の父親は元プロ野球選手の吹石徳一(64)。家族の力をあてにせず、美貌やスタイルやキャラクターなどのポテンシャルを活用し、マイペースにキャリアを積んできた。その美貌は天性のもので、わずか1歳でおむつのCMでデビュー。10代から芸能界で活躍しつつ、ごく普通に大学を卒業し、「出すぎず、途切れず」ドラマ、CM、映画…、とバランス良くキャリアを積んできた。

◆仕事とプライベートを分けられるタイプ?
主観だが、清楚系のママ女優という意味で吹石一恵と共通点がある戸田菜穂(43)や酒井美紀(39)のように、一般人のエリートと結婚しそうな印象もあった。戸田菜穂と酒井美紀はともに、医師と結婚している。吹石一恵の「ブレないキャリア」と「堅実なイメージ」を持ってすれば、一般の社会人とも夫婦生活と、女優業の両立もできそうに思えたからだ。芸能界に身を置きつつ、いつの間にか高校・大学を卒業していたように、仕事は仕事、家庭は家庭、と器用に切り替えられる賢さが感じられる。

◆スターの夫に依存しないブレない自立心
だからこそ、長い間独身であった大スター福山雅治の心を掴んだのかもしれない。彼女は、夫が「大スター福山雅治」でなくても大丈夫。そんな安心感が、スターを寛がせる。つい、そんな想像をしてしまうような芯の強さを感じる「働く母」だ。一般人でも、「スペックの高いモテ男」の妻であればあるこそ、夫のスペックに依存しない「ブレない自立心」が必要になりそうだ。家庭に入るにしろ、仕事を続けるにしろ「高スペック男性の妻だが、夫の高スペックを利用しない女である」という力関係が成立していれば、結婚後も同性からの嫉妬を軽やかににかわして好感度を保つことができそうだ。