ここから本文です

巨人・阿部 意地の逆転二塁打!ホームで今季初めて広島倒した

7/28(金) 6:03配信

デイリースポーツ

 「巨人4-3広島」(27日、京セラドーム大阪)

 4番が存在感を発揮し、首位を快走する広島に一矢を報いた。1点を追う四回無死一、三塁から、巨人・阿部が逆転の2点適時二塁打。殊勲打を放ち、大阪のG党の大歓声を受けてお立ち台に上った大黒柱は「何とかつなぐ気持ちでいきました。うまく打てたと思います」と声を弾ませた。

【写真】山頂にそびえる天守閣で、決意表明した阿部

 カウント2-2。「追い込まれていたので、よりコンパクトに打とうと」とバットをやや短く持ち、甘く入った直球を逃さず振り抜いた。打球は右中間を真っ二つに割り、最深部のフェンスまで到達。三走・マギーに続き、一走・坂本勇まで迎え入れた。

 この逆転打で通算1984安打。区切りの2000本まで残り16とした。「皆さんが先走ってそればっかり言うので、力んで最近なかなか思うように打てないんですが、あんまり意識せずに勝てる一本を打てるように」。前日は早出でバットを振るなど復調への模索を続け、ここぞの一本につなげた。

 チームは3連敗でストップし、今季11試合目にして木曜日初勝利。そして今季初めてホームゲームで広島を下した。高橋監督は「阿部が勝負強く打ってくれた」と賛辞を贈った。広島戦の今季負け越しは決まったが、まだ対戦は残っている。「全部勝つつもりでいきたい」と阿部。意地を見せ続け、浮上につなげる。

スポーツナビ 野球情報