ここから本文です

VWグループ、営業利益は2.4倍 第2四半期決算

7/28(金) 11:45配信

レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは7月27日、2017年第2四半期(4~6月)の決算を公表した。

画像:VWブランドの主力車

同社の発表によると、アウディやポルシェ、セアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総売上高は、596億6500万ユーロ(約7兆7760億円)。前年同期の569億7100万ユーロに対して、4.7%の増加となった。

一方、第2四半期の営業利益は、45億4900万ユーロ(約5930億円)。前年同期の18億9900万ユーロに対して、およそ2.4倍の大幅な増益となっている。

大幅な増益となった主な要因は、収益性の高いポルシェやアウディなど、グループ内のプレミアムブランドの新型車の販売が好調だったため。また、いっそうのコスト削減を進めた成果も表れた。

フォルクスワーゲングループ取締役会のマティアス・ミュラー会長は、「事業の強固な基盤は、フォルクスワーゲングループを純粋な自動車メーカーから、世界をリードする持続可能なモビリティプロバイダーに変えるという仕事の基礎になる」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/28(金) 11:45
レスポンス