ここから本文です

ALSI、「不正通信無料診断サービス」を期間限定で実施

7/28(金) 15:44配信

BCN

 アルプスシステムインテグレーション(ALSI、永倉仁哉社長)は、組織内から外部への不正な通信を無料で診断するサービスを7月27日から9月30日まで期間限定で実施する。

 近年、サイバー攻撃の高度化にともない、脅威の侵入を完全に防ぐことが難しくなっている。管理者が気付かないうちに脅威が侵入し、機密情報が流出してしまうリスクを防ぐため、まずは組織内での不正通信の現状を把握し、組織にあった適切な対策を行うことが大切となっている。

 そこでALSIでは、ウェブアクセスログを元に、組織に侵入したマルウェアによるC&Cサーバーへのコールバック通信や、従業員の不適切なウェブアクセス(業務と無関係なウェブサイトの閲覧、ストレージサイトを利用したファイル送信など)を可視化・分析し、レポートとして提供する「不正通信無料診断サービス」を期間限定で実施する。

 サービス提供の対象は、外部への不正通信や従業員によるウェブアクセス実態を把握し、セキュリティを向上したい企業。同サービスを利用することで、自社の潜在的なセキュリティリスクを把握することができ、サイバー攻撃対策や情報漏えい対策の強化を図ることが可能になる

最終更新:7/28(金) 15:44
BCN