ここから本文です

初日コースレコードのキム・ハヌルが失速…「あしたは頑張る!」

7/28(金) 18:32配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<大東建託・いい部屋ネットレディス 2日目◇28日◇鳴沢ゴルフ倶楽部(6,587ヤード・パー72)>

シネが、ハヌルが!クイーン2人の最新写真をLIVEフォトギャラリーでチェック

初日にコースレコードの“64”をマーク、このまま独走態勢に入るかと思われたキム・ハヌル(韓国)だったが、2日目は途中から振り出した雨の影響もあり、“74”とまさかのオーバーパーとなり、順位も10位タイまで後退。今季ツアー4勝目に暗雲が漂っている。

好スコアが続出した初日から打って変わって、上位陣の多くがスコアメイクに苦しんだ。初日8アンダーの首位から出たハヌルはインコースからのスタートとなったが、「ティショットが右に曲がることが多く、(調子が)悪かった」というように、なかなかバーディが取れない苦しいラウンドとなった。

前半9ホールをパープレーで迎えた1番パー3。この日初めてのバーディを奪い、スコアを1つ伸ばしたのもつかの間、その後4番、7番、9番でボギーを叩き結局“74”でホールアウト。トータル6アンダーとスコアを落とし、10位タイで決勝ラウンドに臨むこととなった。

「ラウンド後半から降った雨が気になった」と少し顔をしかめた“スマイルクイーン”。初日好調だったアイアンの調子は変わらず悪くないことから、明日からの決勝ラウンドに向けては「ティショットをフェアウェイに置くこと」だけに集中するとコメント。最後には、「2日間続けて上手くはいかない。あしたは頑張る!」と微笑を残してコースを後にした。

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>