ここから本文です

タイプライター風のレトロなワイヤレスメカニカルキーボード

7/28(金) 16:35配信

アスキー

フリーウェイは、Lofreeのタイプライターにインスパイアされた多機能キーボード「lofree」を「GREENFUNDING」にて取扱いを開始したと発表した。最大3台までペアリングできる。

 フリーウェイは7月26日、Lofreeのタイプライターにインスパイアされた多機能キーボード「lofree」を発表、「GREENFUNDING」にて取扱いを開始した。想定売価は1万8144円で、10月下旬から発売する。
 
 クラッシックなタイプライターにインスパイアされた、レトロなワイヤレスメカニカルキーボード。タイプライターの打鍵音に近づけるため、Gateron製青軸スイッチを導入している。
 
 
 Mac、iOS、Windows、Androidと互換性があり、有線/無線モード、自動スリープなどの機能を搭載している。
 
 有線接続の場合は本体のmicroUSBからUSB接続、無線は側面のスイッチでBluetooth接続に切り替えられる。また、最大3台までペアリング・登録が可能。
 
 本体サイズはおよそ幅296.6×奥行き144.5×高さ30.6mmで、重量はおよそ810g。バッテリー容量は4000mAh、充電時間はおよそ5時間、対応OSはWindows7(SP1)、Android 4.1、OS X Yosemite v10.10 、iOS 8以降。カラーはPure White、Turquoise Blue、Sandstone Blackを用意している。
 
 
文● ラッキー橋本/ASCII

最終更新:7/31(月) 8:10
アスキー