ここから本文です

『E.T.』『007』映画史に輝く名曲誕生の秘密に迫る!音楽ドキュメンタリー『すばらしき映画音楽たち』予告編

7/28(金) 13:36配信

シネマトゥデイ

 『E.T.』『007』『ロッキー』『タイタニック』『パイレーツ・オブ・カリビアン』をはじめとした映画を彩る名曲の数々がいかにして生まれたかをひもとくドキュメンタリー映画『すばらしき映画音楽たち』の予告編が公開された。スティーヴン・スピルバーグ監督がフィルムを回し、それに合わせて作曲家ジョン・ウィリアムズがピアノを弾いて『E.T.』のテーマを作り上げていくという、心躍る過程も見ることができる。

映画『すばらしき映画音楽たち』予告編

 本作は、3度のエミー賞に輝くプロデューサーの顔も持つマット・シュレイダー監督が、映像からイメージされた旋律がオーケストラの演奏などを通じて映画音楽になるまでを取材し、1本の映画にまとめたもの。映画界を代表する名作曲家たちがどのようなアイデアや手法で記憶に残るメロディーを生み出しているのか、“企業秘密”ともいえるからくりが惜しげもなく披露されている。

 登場する作曲家は、『スター・ウォーズ』『ジュラシック・パーク』『ハリー・ポッター』などのレジェンド、ジョン・ウィリアムズをはじめ、『ライオン・キング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』『ダークナイト』などのハンス・ジマー、『シザーハンズ』『チャーリーとチョコレート工場』『スパイダーマン』などのダニー・エルフマン、『グランド・ブダペスト・ホテル』『英国王のスピーチ』などのアレクサンドル・デスプラ、『羊たちの沈黙』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどのハワード・ショア、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『デッドプール』などのジャンキー・XL、『ソーシャル・ネットワーク』『ゴーン・ガール』などのトレント・レズナーといったそうそうたる面々。今年7月にWOWOWで日本初公開されるや大反響を呼んだ本作が、満を持して劇場公開となる。(編集部・市川遥)

映画『すばらしき映画音楽たち』は8月5日より新宿シネマカリテ「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」ほか全国順次公開

最終更新:7/28(金) 13:36
シネマトゥデイ