ここから本文です

バルセロナ、コウチーニョ獲得に130億円を準備か...リヴァプールは堅固な姿勢を保つ

7/28(金) 18:38配信

GOAL

バルセロナがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得に巨額の移籍金を準備しているものの、リヴァプールは移籍を容認するつもりはないようだ。

バルセロナが先日、7200万ポンド(約104億円)のコウチーニョ獲得オファーをリヴァプールに提示。しかし、イングランドサイドはこのオファーを一蹴し、いかなる値段でも同選手の売却に応じるつもりはないと堅固な姿勢を見せている。

先日、ユルゲン・クロップ監督も「彼は売却対象ではない。これはクラブの決断であり、私の決断だ。彼はリヴァプールで快適に生活をしていて、それ以上を求めていない。彼はクラブとこの街を愛している」と、コウチーニョは非売品であると売却を否定していた。

しかしバルセロナは、いまだ新条件を提示していないものの、2度目のオファーを準備しているようだ。スペイン誌によると、リヴァプールはコウチーニョの売却額を8900万ポンド(約129億円)から1億3400万ポンド(約194億円)に設定しており、スペインのクラブはその要求額に見合うだけのオファーを送る可能性がある。

リヴァプールの一員としてプレシーズンのトレーニングを精力的にこなしているコウチーニョだが、今後の動向にはまだまだ多くの注目を集めそうだ。

GOAL

最終更新:7/28(金) 18:38
GOAL