ここから本文です

【巨人】阿部、コイも“木曜日の呪い”も撃破!7月の月間勝ち越し決めた

7/28(金) 6:04配信

スポーツ報知

◆巨人4―3広島(27日・京セラドーム大阪)

 巨人が広島との接戦を制し、連敗を3で止めた。勝利の立役者は4番・阿部だ。1点を追う4回、マギーと坂本勇の連打で作った無死一、三塁の好機に、右中間へ逆転2点二塁打。今季10戦全敗だった“木曜日の呪い”にバットで終止符を打った。3番・坂本勇も初回の11号ソロを含む今季10度目の猛打賞と大暴れ。先発の田口は7回7安打3失点と粘りの投球で、自身5連勝となる9勝目を挙げた。投打がかみ合い、7月の月間勝ち越しを決めた。

【写真】1回2死、坂本勇が左中間に先制11号ソロを放つ

 低く鋭い弾道で右中間を割った。阿部の一打が、広島相手には今季初となる逆転劇をもたらした。1点を追う4回無死一、三塁。マギー、坂本勇の連打で作った絶好機。中村祐の140キロを振り抜いた。2者が生還。逆転の2点二塁打だ。バットを短く持ってスイングし「よりコンパクトに打とうと思って。久しぶりに“カチン”と捉えることができました」とうなずいた。

 開幕から1か月は打率3割台をキープしたが、現在は2割中盤と苦しむ。状態を上げるためにどうするか。導き出した答えはシンプルだった。「打てないのなら練習するしかない」。テイクバックの際にグリップを左胸付近まで落とす“バース打法”にも挑戦した。2年連続3冠王を誇る元阪神の最強助っ人の動画を、移動中の車内にてユーチューブで見ながら研究。23日のDeNA戦(横浜)の試合前練習で試したりしながら、打撃の向上を模索した。

 偉業達成にも着実に歩を進めている。4回の殊勲打で、通算2000安打まで残り16本とした。ヒーローインタビューでは「皆さんが先走ってそればかり言うので、力んで最近なかなか自分の思うように打てない」と辛口で笑いを誘った。自宅でも3人の子どもたちが画用紙に数字を描き、自家製の“阿部メーター”を作成。「長女が『なかなか減らないねえ。たくさん作りたいのに』って怒るんだよ」とプレッシャーを心地よく感じながら、階段を上る。

 そんな4番のひと振りで、開幕から続く木曜日の連敗を10で止めた。解かれた“木曜日の呪い”に由伸監督は「そうなの? 言われて初めて知ったよ」と思わず苦笑。前日26日には今季の広島戦の負け越しが決まったが、ファイティングポーズは決して崩れない。お立ち台で慎之助は「カープ戦はふがいない戦いばかり。全部勝つつもりでいきたい」と声を張り上げた。

 「勝てる一本が打てるようにやっていきたい。(29日から対戦する)DeNAも前回やられていますし、借りを返せるように連勝したい」と背番号10。逆襲へ、阿部に活力がみなぎってきた。(原島 海)

最終更新:7/28(金) 8:48
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報