ここから本文です

Kaspersky、無料ウイルス対策ソフトの提供開始 日本では10月から

7/28(金) 8:09配信

ITmedia エンタープライズ

 ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labが、無料ウイルス対策ソフト「Kaspersky Free」を世界各国で提供すると発表した。日本では10月後半頃の提供を予定している。

【Windows向けの無料ウイルス対策ソフト】

 Kaspersky FreeはWindows搭載のPCとタブレットに対応し、電子メールとWebのウイルス対策、自動更新、隔離などのベーシックな機能を搭載。システムリソースの消費を抑えて軽量化、高速化を図っているという。他の無料ウイルス対策ソフトのように、ユーザーの行動を追跡して守秘義務を侵害する広告などは掲載しないと強調している。

 一方、50ドルの有料版で提供しているペアレンタルコントロールやオンライン決済保護、セキュア接続(VPN)などの機能は含まれない。

 無料版は2016年からロシアや中国、北欧などで試験的にリリースしている。インストール数は数百万回に上り、Kasperskyの市場シェア拡大につながったという。「Kaspersky Freeのインストール数が増大すれば、ビッグデータベースで扱う件数が増えて機械学習に磨きがかかり、全ユーザーに良い影響を与える」と同社は説明している。

 Kaspersky Freeは7月25日から米国やカナダで正式提供を開始。9月にはインドや香港、中東、南米などで、10月からは日本と韓国、欧州で、11月にはベトナムとタイで提供を開始する。

Yahoo!ニュースからのお知らせ