ここから本文です

マクドナルドでまた電子マネー決済できない不具合 原因は「機器の不具合」、既に復旧

7/28(金) 9:59配信

ITmedia NEWS

 日本マクドナルドは7月27日、一部のマクドナルド店舗で、商品購入時に電子マネーや「dポイント」などでの決済ができない不具合が起きたと発表した。28日午前10時ごろに復旧したという。原因は「一部機器の不具合」という。

【マクドナルドによる不具合の告知】

 全店舗で「dポイント」「楽天スーパーポイント」での決済ができなかったほか、一部店舗で電子マネー決済が不能になった。宅配サービス「マックデリバリー」も、対応する全店舗(約200店)で利用できなくなった。

 不具合は28日午前10時ごろに復旧したという。原因は「一部機器の不具合」としている。

 マクドナルドでは6月にも同様な不具合が発生。店舗の売り上げなどを管轄するシステムの一部がマルウェアに感染し、6月16日から5日間にわたって電子マネーや「dポイント」などでの決済ができなくなった。同社はこの不具合のお詫びとして6月26日、来店者に1人1杯ドリンクをプレゼントするサービスを行った。

【更新:2017年7月28日午前11時30分 障害の復旧と、原因について情報を追記し、タイトルを更新しました】

最終更新:7/28(金) 12:43
ITmedia NEWS