ここから本文です

ナインゴラン、ローマと契約延長「常に望んでいたことを実現できた」

7/28(金) 7:25配信

GOAL

ローマに所属するベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、クラブとの契約を2021年まで延長し、移籍の憶測に終止符を打った。

ナインゴランには昨シーズンまでローマで指揮を執っていたルチアーノ・スパレッティ監督のインテルや、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッドなどが獲得を狙っていた。しかし、ローマのジェームズ・パロッタ会長が一週間前に契約延長を明言したとおり、ナインゴランは2020年まであった現行契約を1年延長している。

同選手はクラブの公式サイトを通じて「常に望んでいたことを実現できた。とてもうれしい。クラブと冒険を続けたいと思っていたからね」とコメントした。

ナインゴランは2014年の1月にカリアリから加入。昨シーズンはリーグ戦37試合で11ゴールを挙げ、ローマのスター選手として活躍していた。

GOAL

最終更新:7/28(金) 7:25
GOAL

スポーツナビ サッカー情報