ここから本文です

札幌駅の飲料水使用制限を解除、ホームそば店も再開…上水道に切換え

7/28(金) 15:45配信

レスポンス

JR北海道は7月28日、札幌駅で飲料水として使用している水を、地下水から札幌市の上水道に切り換えた。

札幌駅では、7月5日に実施した定期水質検査で、地下水に「テトラクロロエチレン」という、ドライクリーニングの溶剤成分に含まれる揮発性の化合物が、基準値の上限を0.002mg上回る0.012mgが検出されたことが判明した。

テトラクロロエチレンは、発ガン性も指摘される有害物質であることから、緊急対策として地下水を飲料水として使用している箇所に「飲用不可」の掲出を行なったほか、地下水を使用しているホームの立食そば店2店舗の営業を休止していた。

上水道への切換えにより、「飲用不可」の掲示はすでに撤去されている。また、休止中のホームそば店は、7月15日から営業を再開している。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:7/28(金) 15:45
レスポンス

Yahoo!ニュースからのお知らせ