ここから本文です

小倉智昭、皮肉チラリ「一線越えてないは流行語大賞でしょうか」

7/28(金) 9:59配信

デイリースポーツ

 キャスターの小倉智昭が28日、フジテレビ系「とくダネ!」で、週刊新潮に不倫疑惑を報じられ、「一線を越えていない」ことを訴えた今井絵理子議員について「一線を越える、越えないは今年の流行語大賞でしょうか」と揶揄するように語った。

【写真】 「一線を越えていない」にネット上でツッコミ「どこで線引き?」

 番組では、週刊新潮が報じた不倫疑惑報道に対しコメントを発表し、取材に応じた今井議員と、会見を開いた橋本市議の話題について報道。今井議員は報道各社に送ったFAXで好意があったことは認めたものの「一線は越えていない」と強調し、「略奪不倫ではない」「断じてない」と改めて訴えていた。

 また橋本市議も会見を開き、「(恋愛感情は)間違いなく抱いていた」と認めたものの、「(一線は)越えてない」と断言。一線の定義については「皆さんの理解に任せたい」とし、手をつないだのは「一線を越えてない」と話していた。

 2人の議員の会見VTRを見た小倉は「政治家へのインタビューじゃなかったね」と、政治そのものの話題ではなく、不倫疑惑で釈明する2人の姿にポツリ。そして、今井議員が強く訴えた「一線を越えてない」という言葉について「一線を越える、越えないは今年の流行語大賞でしょうか?」と、からかうようにコメントした。

 コメンテーターの別所哲也も「一線ってやっぱりどこなんですかね?それは本当に分からない」と“一線”の定義に首を傾げていた。