ここから本文です

独運輸大臣、ポルシェにリコールを命令… カイエン に違法な排ガスソフト

7/28(金) 18:15配信

レスポンス

ドイツの連邦運輸&デジタルインフラ省のアレクサンダー・ドブリント大臣は7月27日、記者会見を行い、ポルシェのSUV、『カイエン』に違法な排ガス制御ソフトが搭載されているとして、リコール(回収・無償修理)を命令した。

画像:ポルシェ カイエン

リコールの対象となるのは、欧州で販売された3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルエンジン搭載車。欧州で販売されたおよそ2万2000台がリコールに該当する。

ドイツ運輸省によると、違法な排ガス制御ソフトは、排ガス試験の時だけ、排出ガス中の有害物質を抑える効果を発揮。その半面、通常走行時には、欧州の基準を超える有害物質を排出していたという。

なお、このエンジンは、ポルシェと同じフォルクスワーゲングループに属するアウディが開発したユニット。先代アウディ『Q7』やフォルクスワーゲン『トゥアレグ』にも搭載されている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7/28(金) 18:15
レスポンス