ここから本文です

飯塚翔太、母校藤枝明誠の甲子園出場が刺激 「日本一、1番が長い校歌」に期待

7/28(金) 10:35配信

デイリースポーツ

 陸上の世界選手権(8月4日開幕・ロンドン)に出場する日本代表の短距離陣が28日、羽田空港から出発した。

 男子200メートル代表の飯塚翔太(26)=ミズノ=は、静岡の母校・藤枝明誠が初の甲子園出場決定し「今までベスト4が最高だったんですよ。それが決勝までいって、大差で優勝だから。励みになる」と、後輩たちの奮闘に刺激を受けた様子。同校は藤枝市が「日本一、1番が長い校歌」としてPRするほど、特色のある校歌だそうで「1番が普通の学校が3番まで歌う長さ。超長いんですよ。それを歌ってるのをテレビで見たい」と、聖地での勝利を期待していた。

 自身は世界選手権で個人での決勝進出と、リレーでの金メダルが目標。「僕も後輩たちの刺激になれれば。刺激を与え続ける存在でありたい」と、笑顔で意気込んだ。