ここから本文です

【世界水泳】瀬戸、200個メ5位「決勝でいいパフォーマンスをするのは難しい」

7/28(金) 6:04配信

スポーツ報知

◆世界水泳第14日(27日・ハンガリー・ブダペスト)

 【ブダペスト(ハンガリー)27日=小林玲花】競泳男子200メートル個人メドレー決勝で、リオ五輪同種目銀メダルの萩野公介(22)=ブリヂストン=が1分56秒01で2位。13年大会(スペイン・バルセロナ)以来の銀メダルに輝いた。瀬戸大也(23)=ANA=は1分56秒97で5位。今大会初のライバル対決は萩野が制し、最終日の30日には400メートル個人メドレーでも対決予定だ。

 瀬戸は準決勝よりタイムを落とし5位に終わった。3度目の出場で、またしても「決勝でいいパフォーマンスをするのは難しい」と痛感させられた。

 最終調整レースの予定だったフランスオープンは体調不良で欠場。7月のカネ(フランス)合宿中には首を痛め、違和感は肩まで広がった。それでも「面白い夏になる」とポジティブ思考はブレなかった。26日の200メートルバタフライでは、両隣を地元のハンガリー選手に挟まれながら銅メダルを獲得。誕生日の5月24日には飛び込み選手の馬淵優佳(ゆか、22)と結婚し「(結果を出して)やっていかないと」と責任感も芽生えた。

 大会最終日の30日に行われる400メートル個人メドレーで、世界初の同種目3連覇がかかる。「うまく爆発できていない。やっぱり強いな、と思われたい」。前回王者として、この借りは必ず返す。

最終更新:7/29(土) 4:17
スポーツ報知