ここから本文です

今井絵理子議員の釈明に菊地弁護士「裁判でその言い訳は通りません」

7/28(金) 12:25配信

デイリースポーツ

 弁護士の菊地幸夫氏が28日、日本テレビ系「スッキリ!」で、週刊新潮で不倫疑惑を報じられた今井絵理子議員と神戸市の橋本健市議の話題に触れ、「ホテルに(2人で)入ってドアがパタンと閉まったら一線越えてないは無理です」と法律家としての視点で指摘した。

【写真】今井絵理子議員 「略奪じゃない」「一線越えてない」と主張

 番組では、今井議員と橋本市議の不倫疑惑報道について特集。今井議員は27日に報道各社へ釈明のFAXを送信したが、その中に、橋本市議の家族に言及するコメントはなかったことから、菊地弁護士は「例え(結婚生活が)破綻していても、そうでなくても、橋本さんは言いました。家族に迷惑掛けたって。今井さんにもその視点が必要。先方の奥様、お子様にご迷惑をかけたのは本当にごめんなさいと。その視点は必要」とコメントした。

 更に、週刊新潮の報道では、2人はホテルの一室に入っていったとされているが、今井議員も橋本市議も「一線は越えていない」と主張。だが菊地弁護士は「ホテル入って、ドアパタンと閉まったら、一線越えてない(という主張は)無理です。少なくとも裁判所に関しては無理です。事実はどうであれ、その言い訳は通りません」と、実際に“一線は越えていない”としても、裁判所はそう受け取らないということも付け加えていた。