ここから本文です

早実が2年ぶり決勝進出、清宮は高校通算107号 最多記録に並ぶ

7/28(金) 12:36配信

デイリースポーツ

 「高校野球西東京大会・準決勝、早実4-1八王子学園八王子」(28日、神宮球場)

 春夏連続の甲子園出場を目指す早実が、2年連続の優勝を狙った八王子学園八王子を下し、2年ぶりの決勝進出を果たした。主将の清宮幸太郎内野手(3年)は「3番・一塁」で先発出場し、七回の第4打席で高校通算107号となるソロ本塁打を放ち、最多記録とされる、神港学園時代の山本大貴内野手の同107本塁打に並んだ。

 2-1で迎えた七回、先頭の清宮は相手エースの右腕・米原大地投手(3年)に対し、2ボールからの3球目、外角低めの変化球をたたき、左中間スタンドへ運んだ。

 2年ぶりの夏出場を目指す早実にとって、八王子学園八王子は昨夏の準々決勝で敗れた相手だった。清宮は試合後、「このチームはあの負けから始まった。(今夏は)準決勝でリベンジをすべく当たるんだという思いだった」と、チームの勝利を最優先に喜んだ。

 昨年の準々決勝では、終盤のチャンスで自らの打球が伸びきれずに右飛となり敗退した。清宮は「(あと5メートルの)あの打席からこの1年が始まり、トレーニングも積んできた。やり返してやるという気持ちが強かった」と加えた。

 貴重な追加点となった七回のソロ本塁打については、「ホームランは考えてなかった。(打席に入る前に)監督からも『しっかりチャンスを広げてくれ』と言われた。ヒットかなと思ったが、(打球の伸びは)これまでの成果が凝縮された」と表現した。

 そして、最多タイの107号という数字には、「まだ並んだだけ。次打ったらしっかり自分の中で『超えたな』という感じになると思う」と新記録達成への気持ちも示した。

 決勝戦へ向けて清宮は、「2年前は(甲子園へ)連れて行ってもらった。キャプテンとしてプレーでも言葉でもみんなを鼓舞して引っ張っていきたい」と力を込めた。

 この日の清宮は3打数1安打1四球1死球で本塁打による1打点。初回の第1打席は無死一、二塁から二ゴロで各走者を進めた。初球の外角寄り変化球を引っ張って転がした。

 三回の第2打席は1死からストレートの四球で出塁。次打者・野村大樹捕手(2年)の左中間適時二塁打で一気に生還した。

 五回の第3打席は先頭で捕飛に倒れた。カウント2-1からの低め変化球を打ち上げた。

 八回の第5打席は2死一、二塁から死球で出塁。2番手のサイドスロー右腕・村田将輝投手(3年)の2-2からの5球目を背中に受けた。

早 実101000110=4

八王子001000000=1

スポーツナビ 野球情報