ここから本文です

ゆるめるモ!熱狂の赤坂BLITZツアーファイナルで前進誓う「ここで終わりじゃない!」

7/28(金) 17:31配信

音楽ナタリー

ゆるめるモ!が全国ツアー「ゆるめるモ!ディスコサイケデリカツアー」のファイナル公演を7月23日に東京・赤坂BLITZにて開催した。

【写真】「ゆるめるモ!ディスコサイケデリカツアー」赤坂BLITZ講演の様子。(写真:曽我美芽)(他55枚)

このツアーは6月発売のミニアルバム「ディスコサイケデリカ」を携えて5都市で行われたもの。春のツアー「孤独と逆襲 ~てえへんだ!底辺だ~ ツアー」と同様に、くるりのサポートギタリストである松本大樹(G)、 活動休止中のFLiPのギタリストで現在LAZYgunsBRISKYで活動するYuko(G)、ベーシストのshioRi(B)、活動休止中のROCK'A'TRENCHのオータケハヤト(Dr)がバックバンドを務めた。

アルバム「ディスコサイケデリカ」の1曲目を飾る、Primal Screamの「Loaded」を思わせる「melted」が爆音で生演奏され、メンバー4人が「ディスコ!」と連呼しながらステージに登場。演奏が終わると同時にステージから客席に金テープが発射され、華々しくライブが開幕した。ダイナミックなバンドサウンドをバックに、大森靖子が提供した「うんめー」を気合いをみなぎらせて熱唱したのち、彼女たちは「1!2!かんふー!」「よいよい」「KAWAIIハードコア銀河」「ぺけぺけ」とアッパーなポップチューンを次々と披露。ヘルニアのため下半身を動かせないしふぉんは、後ろの台に立って観客を煽った。

ポップチューンを中心とした序盤パートのあとに始まったのは、小道具をパフォーマンスに取り入れた楽曲のパート。「あさだ」では4人がカウベルを叩きながら踊り、サビではあのがヘビーに歪んだギターを掻き鳴らした。「我が名とは」ではダンサーを引き連れて、ツアーグッズであるサイケデリックな模様の扇子を片手にダンス。そのまま「OO(ラブ)」でも扇子をパフォーマンスに使って、4人は華麗に舞い踊った。

その後、「OO(ラブ)」の壮大なイメージを引き継いで「たびのしたく」に突入し、彼女たちは「永遠のmy boy」「人間は少し不真面目」といったバラードを続けざまに熱唱。テイストの近い曲を流れるようにつないでいくセットリストで、観客をゆるめるモ!の世界観にぐいぐいと引き込んでいく。ハイテンションなステージングでフロアを爆発させた「Hamidasumo!」を経て「スキヤキ」が始まると、あのが「赤坂かかってこい!」とオーディエンスに向けて絶叫。高くリフトされて塔のようになった何人もの観客たちにあのが突っ込み、もみくちゃになりながらリフトを倒壊させたのち、彼女はそのままクラウドサーフでフロアの中央に移動して、観客の上に立ち上がって熱唱した。

ハヤシヒロユキ(POLYSICS)提供の新曲「デテコイ!」は、ツアー開幕直前にメンバーの“踊ってみた”動画が公開されていたこともあり、多くの人々が振りコピをしながら大盛り上がり。異様な気迫を漂わせながら「震えて甦れ」「idアイドル」を歌い、彼女たちのアグレッシブな煽りに応えるように、会場の盛り上がりはさらに加速していく。そして「Only You」で会場の熱気はピークに。大音量で奏でられるバンドサウンドの中でメンバーは力いっぱいシャウトし、場内は興奮で満たされていく。曲が終わった瞬間、しふぉんが「私たちが今伝えたいことをこの曲で伝えます!」と叫び、最後に彼女たちは「ミュージック 3、4分で終わっちまうよね」を披露。4色のメンバーカラーのテープがステージから発射され、狂騒状態のうちにライブはエンディングを迎えた。

メンバーとバックバンドが退場し、観客がアンコールをしようとしたそのとき、突然会場に「おいおいおい! ちょっと待った!」という、南海キャンディーズ山里亮太の声が流れ始めた。山里の影ナレが観客に「今年がどんな年だか知ってんのか? 舞台正面スクリーンに注目!」と告げると、ゆるめるモ!の結成5周年アニバーサリーイヤーに合わせて10月4日にシングル、11月29日にフルアルバムがリリースされること、シングルとアルバムそれぞれのリリースツアーが行われること、そのツアーの一環としてけちょんの出身地・栃木での凱旋ライブが行われること、ツアーファイナルが東京・Zepp Tokyoであることがステージ上のスクリーンで次々に告知され、会場は歓喜の声に包まれた。

アンコールで再びメンバーがステージに戻ると、山里の告知アナウンスを受けてようなぴが「ゆるめるモ!はここで終わりじゃないから! 楽しいことがいっぱいいっぱい待ってるんで、これからもよろしくお願いします!」とコメント。けちょんは栃木公演決定について「やっと凱旋できるぞー!」と喜びをあらわにした。あのは「ツアーファイナル迎えたのに結局『デイスコサイケデリカ』って意味わかんなかったけど、楽しかったし気持ちよかった」と感想を述べ、しふぉんはツアーファイナルがZepp Tokyoであることに関して「この4人でまたあの場所に立てるのは大きなこと。あそこで自分たちが何をするのかが大事だと思ってます」と意気込みを語った。

アンコールの1曲目「モイモイ」が始まるとメンバーへのサプライズで、「ディスコサイケデリカ」のジャケットに描かれた4人のイラストのお面を、観客が一斉に装着。お面を付けたまま振りコピをするオーディエンスを前にして、メンバーはうれしそうな表情を浮かべて歌った。そして彼女たちは代表曲「逃げろ!!」を歌唱。最後に、夏休みシーズンの始まりにピッタリな「なつ おん ぶる ー」が披露され、沸き上がる観客の頭上に、メンバーのイラストが貼られた4つの大きな赤いバルーンが投下された。

「ゆるめるモ!ディスコサイケデリカツアー」2017年7月23日 赤坂BLITZ セットリスト
01. melted
02. うんめー
03. 1!2!かんふー!
04. よいよい 
05. KAWAIIハードコア銀河
06. ぺけぺけ
07. あさだ 
08. 我が名とは
09. OO(ラブ)
10. たびのしたく
11. 永遠のmy boy
12. 人間は少し不真面目
13. ナイトハイキング
14. Hamidasumo!
15. スキヤキ
16. デテコイ!
17. 震えて甦れ
18. idアイドル
19. Only You
20. ミュージック 3、4分で終わっちまうよね
<アンコール>
21. モイモイ
22. 逃げろ!!
23. なつ おん ぶる ー

最終更新:7/28(金) 18:11
音楽ナタリー