ここから本文です

東国原 今井絵理子議員に「自覚が足りない」「不倫は辞職ライン」

7/28(金) 13:12配信

デイリースポーツ

 元宮崎県知事でタレントの東国原英夫が28日、フジテレビ系「バイキング」で、週刊新潮で不倫疑惑が報じられた今井絵理子議員が「一線は越えてない」と主張していることに、「政治家と一般国民の一線は違う」「疑いを持たれたところが一線」と、すでに一線は越えていると主張した。

【写真】橋本市議「ご理解いただけないと思っている」 今井議員と交際続行希望

 番組では、不倫疑惑を報じられ、27日に釈明コメントや会見を開いた今井議員と橋本市議について議論。2人とも軽率な行動を詫びたものの、「一線は越えていない」「略奪不倫では断じてない」と主張していた。

 これを聞いた東国原は「政治家の一線と一般国民の一線は違います」と指摘。「国会議員は高い倫理性、道徳性を求められます。高潔でなければならない。疑いを持たれたところが一線。その自覚が足りない」と、不倫を疑われた時点で“一線を越えた”と同義だとした。

 ゲストの東てる美が「(不倫を)認めればいい」と発言したが、東国原は「ぼくも認めればいいじゃないかと思うが、認めてしまうと、不倫は辞職ライン。ゲス不倫の宮崎議員が不倫で辞職の基準作った。(今井議員は)そこを考えられたのだと思う」と、議員辞職に追い込まれることも考え、不倫をあくまでも認めなかったのではと推察した。

 更には、今井議員が立候補時に沖縄の基地問題について「当選してから考える」という趣旨の発言をしたことを振り返り「1年、一生懸命勉強してるかと思ったらこのざまです」と呆れ果てていた。

Yahoo!ニュースからのお知らせ