ここから本文です

【西東京】早実・清宮、第3打席までは快音なし…5回終え2-1リード

7/28(金) 11:31配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権西東京大会 ▽準決勝 早実―八王子学園八王子(28日・神宮)

 今秋ドラフト目玉で高校通算106発の早実(東京)・清宮幸太郎内野手(3年)が、準決勝の八王子学園八王子戦に「3番・一塁」で出場した。

 昨夏の準々決勝で敗れている相手に対し、初回無死一、二塁の第1打席。プロ注目の最速147キロ右腕・米原大地(3年)の初球の変化球を引っかけ、二ゴロに倒れた。早実は2死満塁から暴投で1点を先取した。

 1点リードの3回1死での第2打席では、ストレートの四球。続く4番・野村大樹捕手(2年)の左中間二塁打の間に、スタートを切っていた清宮は激走で一気に生還し、2点目のホームを踏んだ。

 3回に1点を返され、迎えた5回先頭の第3打席では、変化球を打たされ捕飛だった。

最終更新:7/28(金) 13:27
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/19(土) 9:15