ここから本文です

智弁和歌山2年ぶり夏甲子園 元阪神・中谷仁コーチ就任初年度に聖地

7/28(金) 15:11配信

デイリースポーツ

 「高校野球和歌山大会・決勝、智弁和歌山3-2紀央館」(28日、紀三井寺運動公園野球場)

【写真】元阪神ドラ1の数奇な野球人生…本塁打を放つ楽天時代の中谷コーチ

 智弁和歌山が接戦を制し、2年ぶり22回目の夏の甲子園出場を決めた。

 初回、1死二塁から3番・林晃汰内野手(2年)が右越え2ランを放ち先制。2-2の七回には、2死二塁で4番・蔵野真隆捕手(3年)が左前適時打で勝ち越し点を奪った。

 九回は1死から3連打で満塁のピンチに追い込まれたが、最後の打者を遊直併殺に打ち取り勝利をつかんだ。

 今春から、同校の1997年夏優勝時の主将でプロ野球阪神、楽天、巨人で捕手として活躍した中谷仁氏(38)がコーチに就任。同じ捕手目線で野球論をたたきこまれた蔵野が、ここ一番で勝負強さを発揮した。

 蔵野は「ストライクが来たら思い切り振ろうと思っていた。その瞬間は応援も聞こえなくて、集中していた」と殊勲打を振り返った。

 試合を見守り、優勝を決めたベンチでは「なに泣いてんねん!」と、歓喜の涙を流すナインを激励した中谷コーチ。「みんなゲームの中で、自分たちで成長してきた。蔵野は4番で守備の要でもあり、プレッシャーはあったと思うが、この1本で報われる。これからにつながる1勝だと思う」と目を細めた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 18:30