ここから本文です

最強女柔術家ギャビ、ドレスで登場!再会する父のために勝つ

7/28(金) 18:19配信

デイリースポーツ

 総合格闘技イベント「RIZIN」(30日、さいたまスーパーアリーナ)の出場選手インタビューが28日、都内で行われ、“世界最強女柔術家”の異名を持つギャビ・ガルシア(31)=ブラジル=がRIZIN5連勝に自信を示した。

【写真】野沢直子の長女・真珠 勝って「ラーメン食べたい!」

 ギャビは身長186センチ、体重90キロの筋肉の塊のような肉体を肌が透けて見えるほど薄いセクシーなドレスに包んで登場。昨年大みそかのRIZIN出場後にヒザと肩を痛め、回復したものの、3週間前にシュートボクシングの大会に出場するために来日する直前には米国で食中毒を起こすなど災難に見舞われたが、「今は100%回復してますので、コンディションは万全です」と強調した。

 対戦相手のオクサナ・ガグロエヴァ(24)=ロシア=は身長177センチ、体重100キロとギャビに引けを取らない巨体の持ち主。ボクシングでロシア、ギリシャの王者となり、グラップリングとアームレスリングでもタイトル獲得した実績を持つ。だが、強敵を前にギャビは「私の作戦はKOで勝つこと。相手はボクシング出身で、映像は数少ないですが、試合、トレーニングを見たりして徹底的に研究しました。私のスタッフとともにいい作戦を考えてきました。それを明後日、お見せしたいと思います。私は相手を選んだりしない。常に攻撃的でありますので、相手をKOで倒して、できるだけ早く終わらせたい」と、自信たっぷりに話した。

 また、ブラジルから父が駆けつけ、試合を観戦するという。現在、ギャビは家族の元を離れて米国で活動しており、「私は夢を追って、そのために家族を犠牲にしてしまいました。家族は自分にとって最大の宝物。私はしばらくブラジルに帰っていないですし、父とは1年8カ月会っていない。父、家族のことを話すと私もすごく感情的になる」と真情を吐露。それでも、「父と再会するのがとても楽しみですし、父のために勝ちたいと思います」と誓った。