ここから本文です

フジ宮内社長、「コード・ブルー」16・3%に「素晴らしいスタート」

7/28(金) 17:42配信

スポーツ報知

 フジテレビの定例社長会見が28日、東京・新宿の京王プラザホテルで開かれた。

 宮内正喜社長(73)は看板枠の「月9」ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~」(月曜・後9時)が初回の平均視聴率で全ドラマ中トップの16・3%の好発進を見せたことについて「素晴らしいスタートを切ることができました。札幌地区、名古屋地区などでは20%超え。タイムシフト視聴率も初回9・9%と多くの方に見ていただけた」と作品名を挙げて、褒めたたえた。

 宮内社長は「コード・ブルー」好調の要因について、「シリーズを重ねるごとに出演者の熟成度が上がっていて、それが視聴者に受け入れられているのではないか」と分析していた。

最終更新:7/28(金) 19:14
スポーツ報知