ここから本文です

オリックス 花火効果で連敗脱出 4本塁打で9連敗免れる

7/28(金) 21:36配信

デイリースポーツ

 「オリックス11-5楽天」(28日、ほっともっとフィールド神戸)

 オリックスが、神戸の夜空に4発の花火を打ち上げ11得点で、連敗を「8」で止めた。

【写真】頼れるロメロは神戸の空に2発!

 1点を追う二回にロメロの左越え17号ソロで同点。三回には吉田正の右中間席への3号ソロで勝ち越した。

 四回に同点とされたが、五回に内野ゴロの間に勝ち越し、暴投で加点。さらに2死一、三塁からロメロが18号3ランを放ち一挙5点を奪った。

 2発を放ったロメロは「最高の結果になったと思います。ホームランは最高です。とにかくいい流れを明日にもっていってこのシリーズをいい戦いにしたい」と喜んだ。

 七回に3点を返され2点差となったが、直後の攻撃で中島の右越え5号満塁本塁打が飛び出し、追いすがる楽天を突き放した。ガッツポーズをしてダイヤモンドを一周。「うれしいですよ。2点差に追いつかれていたんで、流れが向こうにいかんように絶対打ったろうと思って入りました。久しぶりの満塁ホームランやったんで、うれしかったんで」と2011年以来7本目のグランドスラムを振り返った。

 この日は神戸開催では恒例となっている花火ナイター。五回終了後に、本塁打攻勢を盛り上げる花火が打ち上げられ、連敗脱出に勢いをつけた。

 一発攻勢で大型連敗を止めた福良監督は「効果的な一発だったと思います。明日が大事になってくると思います」と次戦に目をやった。

 金子が七回途中5失点ながら大量援護で8勝目を挙げた。

 楽天は2連敗。

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ