ここから本文です

三浦隆司が引退表明「最高のボクシング人生でした」 7月に米で王者に挑戦も判定負け

7/28(金) 23:26配信

デイリースポーツ

 元WBC世界スーパーフェザー級王者の三浦隆司(33)=帝拳=が28日、自身のツイッターで引退を表明した。

【写真】三浦無念…米でボンバー不発

 三浦は「色々考えましたが引退することにしました。後悔ありません。小さいころからの夢を叶えることが出来たし想像もしてなかったアメリカのリングに立てて最高のボクシング人生でした。ありがとうございました」(原文ママ)とつぶやいた。

 三浦は15年11月に4度防衛した王座から陥落。今年7月15日に米国で王者ミゲル・ベルチェル(メキシコ)に挑戦したが、判定負けで王座返り咲きに失敗した。