ここから本文です

【楽天】今江、全治2か月半 長期離脱へ

7/28(金) 22:31配信

スポーツ報知

◆オリックス11―5楽天(28日・ほっともっと神戸)

 楽天は28日、今江年晶内野手(33)が同日に都内の病院で「左尺骨プレート固定術」を受けたことを発表した。全治は2か月半で、今シーズン中の復帰は難しくなった。

 今江は「8番・一塁」で先発した27日のソフトバンク戦(コボパーク)の守備で、三塁からのややそれた送球を捕ろうとして、打者走者の松田と衝突。顔をしかめてその場にうずくまり、途中交代し「左尺骨骨幹部骨折」と診断されていた。

 今季はここまで51試合に出場。1本塁打10打点、打率2割5分の成績を残していた。後半戦に入ってから藤田、ペゲーロ、岡島、松井裕と故障者が続く中、長期離脱というあまりにも大きな痛手となった。

最終更新:7/28(金) 23:36
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 7:15