ここから本文です

【日本ハム】白村、先発転向2戦目で初勝利誓う「中継ぎと同じように1人1人全力で」

7/29(土) 6:03配信

スポーツ報知

 日本ハムの白村明弘投手(25)が28日、全球全力投球で先発初勝利を誓った。29日のソフトバンク戦(ヤフオクD)でプロ2度目の先発マウンドに上がる右腕は「この打者をどうこう、ではなく中継ぎと同じように1人1人全力で打ち取っていきたい」と意気込んだ。

 前回登板の22日の西武戦(メットライフ)でプロ初先発。初回に2ランを許すなど、4回3失点で黒星を喫した。ただ、最速は150キロを計測。尻上がりに調子を上げていった投球に「こういう感じかな、というものはある」と手応えもつかんだ。

 相手打線には柳田やデスパイネらスラッガーが並ぶが、「西武もすごい打線ですから。立て続けにこういうチームと当たれるのはうれしい」。成長過程にある右腕は、強敵を歓迎した。

 中継ぎとは違う調整法も吉井投手コーチや仲のいい高梨からもらった意見を参考に、手探りながらベストな方法を模索してきた。長いイニングを投げる疲労についても、慶大4年時に先発も経験しており、「全く(先発を)してないわけじゃないので」と問題なしを強調。1週間に1度回ってくる登板に「緊迫感がある中で生活できるのは幸せ」と責任感から表情を引き締めた。2度目の先発マウンドでチームを勝利に導く。(後藤 亮太)

最終更新:7/29(土) 6:03
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報