ここから本文です

木村翔が世界奪取!上海で五輪連覇・鄒市明にTKO勝ち、中国の英雄を破る大番狂わせ

7/28(金) 23:38配信

スポーツ報知

◆プロボクシングWBO世界フライ級(50・8キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇木村翔(11回 TKO)鄒市明●(28日、中国・上海オリエンタルスポーツセンター)

 世界初挑戦の同級6位・木村翔(28)=青木=が、2008年北京、12年ロンドン五輪で2連覇の王者・鄒市明(ゾウシミン、36)=中国=を11回TKOで破る大番狂わせを演じた。

 日本選手の海外での世界奪取は、2013年8月1日のWBO世界バンタム級王座の亀田和毅(現・協栄)以来の快挙。世界王座を認定する主要4団体で、フライ級の日本人世界王者は、WBA・井岡一翔(井岡)、WBC・比嘉大吾(白井・具志堅)、今回、上海でWBO王座を奪取した木村の3人となった。

 木村の戦績は15勝(8KO)1敗2分け。初防衛に失敗した鄒は、9勝(2KO)2敗。

最終更新:7/29(土) 4:21
スポーツ報知