ここから本文です

秋吉、3差3位浮上 松山と同級生の「妻のために頑張る」

7/29(土) 5:03配信

スポーツ報知

◆男子プロゴルフツアー ダンロップ・スリクソン 福島オープン第2日(28日、福島・グランディ那須白河GC)

 今季ツアー初参戦の秋吉翔太(27)=ホームテック=が68で回って通算10アンダーとし、5位から3打差3位に浮上。昨年10月以来、約9か月ぶりに予選を突破して、ツアー初勝利へ望みをつないだ。I・H・ホ(30)=韓国=が通算13アンダーで単独首位。藤本佳則(27)=国際スポーツ振興協会=が通算11アンダーで2打差2位。

 上がり3ホール連続でバーディーチャンスを外してのフィニッシュ。それでも秋吉は笑顔で取材に応じた。「2ケタアンダーが目標だった。達成できて良かった」。約9か月ぶりに予選を突破し、充実感を漂わせた。

 好調の理由はパッティングだ。ツアーの出場権を持たないため、練習時間は十分にある。大会前の1か月、毎日約3時間をパット練習に費やした。「2メートルの距離だけをずっと練習した。自信をつけようと思って」。6番では15メートルの長いパットまで沈め「成果が出て良かった」と笑った。

 昨年11月、明徳義塾高ゴルフ部出身で、松山英樹と同級生だった一般人女性と結婚。同12月には長男・湊斗(みなと)くんが誕生した。自身は親交はないが「妻にはたまに松山からラインで連絡が来る。自分は松山には追いつけないけど、家族のために頑張りたい」。一家の大黒柱として責任を果たしたい。

 規定により、10位以内に入れば次戦の出場権が得られる。次戦は、RIZAP・KBCオーガスタ(8月24~27日、福岡・芥屋GC)。「今は妻の実家がある北九州市に住んでいるので地元は福岡県。できれば家族の前でプレーを見せたい」。新米パパが大仕事をやってのける。(高橋 宏磁)

 ◆秋吉 翔太(あきよし・しょうた)1990年7月22日、熊本県出身。27歳。祖父と両親の影響で10歳からゴルフを始める。鹿児島・樟南高卒業後の2009年、プロ転向。ツアーでの最高成績は14年KBCオーガスタでの13位。昨年の最終予選会は76位でツアー出場権を得られず。175センチ、85キロ。家族は妻と1男。

最終更新:7/29(土) 5:03
スポーツ報知