ここから本文です

【西武】源田、決勝犠飛2年ぶり7連勝

7/29(土) 6:04配信

スポーツ報知

◆ロッテ4―5西武(28日・ZOZOマリン)

 西武は終盤に粘りを見せて今季初の7連勝。

 1点を追う9回に大谷を攻めて無死一、二塁とすると、岡田の一塁へのバントで送球を受けたサード・中村の足が三塁ベースから離れる失策にも助けられて無死満塁に。続く金子侑が同点の中犠飛、その後1死満塁から源田が決勝の中犠飛を放った。辻監督は「あそこでゴロを打たず、外野フライを打ったのが見事」と2つの犠飛をたたえた。7連勝は15年5月に記録して以来、約2年ぶり。50勝に乗せ、貯金は今季最多の13とした。

最終更新:7/29(土) 8:20
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報