ここから本文です

親子ら足湯楽しむ 福島駅に「とれいゆつばさ」

7/28(金) 10:32配信

福島民報

 JR東日本は27日、福島市の福島駅在来線ホームで山形新幹線開業25周年を記念した行事を催した。
 JR奥羽線福島-新庄駅(山形県新庄市)間を運行する足湯付きリゾート列車「とれいゆつばさ」が登場。子どもが車掌の帽子をかぶり、湯船に足を浸して笑顔を見せた。
 親子で来場した福島市の鈴木麻紀さん(38)は「次回は旅行でリゾート列車に乗りたい」と話した。
 東京-新庄駅間を結ぶ山形新幹線は1992(平成4)年7月1日に運行を開始した。

福島民報社

最終更新:7/28(金) 12:06
福島民報