ここから本文です

【インタビュー】映画『君の膵臓をたべたい』月川翔監督、世代を超えて響く青春映画を語る

7/28(金) 12:03配信

トレンドニュース(GYAO)

住野よるのベストセラー小説を実写映画化した映画『君の膵臓をたべたい』(7月28日公開)。本作でメガホンをとったのは、これまで『黒崎くんの言いなりになんてならない』や『君と100回目の恋』などの恋愛映画を手がけた月川翔監督だ。余命いくばくかの重い膵臓(すいぞう)の病を抱える女子高生が主人公でありつつも、大きな希望や前に進む力が作品には満ち溢(あふ)れている本作。そのストーリー展開と美しい映像は見ている人を魅了するが、そんな世界観を作り上げた月川監督が作品について語った。

【劇場予告編】主題歌はMr.Childrenの新曲「himawari」>>

■原作にはないオリジナルのストーリー、原作ファンの小栗旬も「乗ります」と賛同

――衝撃的なタイトルの作品でしたが、原作を読まれてどんな印象を持ちましたか?

月川: 軽快な会話のやりとりもそうですが、キャラクターがとてもユニークだなって思いました。重い病を抱えた女の子が主人公ということで、結末もわかりきっているだろうと読んでいたのですが、大きく裏切られる展開に衝撃的かつ新鮮な読書体験ができたなと脱帽しました。以前から「好きだと思うから読んでみたら?」と周囲から言われていたのですが、大好物でした(笑)。

――原作にはない12年後の“現在“を描いていますが、どういう経緯でこういうストーリー展開になったのでしょうか?

月川: 小説と映画は1対1のイコールでは作れないという考えから始まりました。どうやってこの作品の魅力を2時間に濃縮するかと考えたとき、小説のなかに少しだけ出てきた桜良というヒロインが亡くなったあとのことを広げたいと思ったんです。誰かが亡くなっても、大切な人の人生は続く。喪失感を経験した人たちの、その後の視点で物語を展開していけば、桜良という人間が、その人たちの人生にどれだけ影響を与えたかがわかる。悲しいだけで終わらない物語になると思ったんです。

――大胆なアレンジに不安はなかったのでしょうか?

月川: 本作にも出演している小栗旬さんが、原作の大ファンだというのを聞いていたので、その小栗さんが原作と違うことに難色を示したらどうしようという思いはありました。でも僕らの考えに「覚悟して乗ります」と言っていただけたので、その不安は解消されました。

1/3ページ