ここから本文です

強い台風5号 週末は小笠原諸島で暴風・高波・大雨に警戒

7/28(金) 5:15配信

ウェザーマップ

 強い台風5号は、あす29日にかけて強い勢力を維持したまま小笠原諸島に接近する。小笠原諸島では暴風や高波に警戒が必要だ。

 台風5号は、28日午前3時には日本の東にあって時速約30キロで西へ進んでいる。中心の気圧は975ヘクトパスカル、最大瞬間風速は50メートルで、中心から半径80キロ以内は暴風域となっている。台風は29日にかけて強い勢力を維持したまま小笠原諸島に接近するが、台風の動きが遅くなるため、その後も小笠原諸島は台風の影響を受ける見込みだ。

<暴風・高波・大雨>

 台風の接近に伴い、小笠原諸島では28日は風が次第に強まり、海はうねりを伴いしけとなる。29日は猛烈な風が吹き、海は大しけとなる見込みで、30日以降も大荒れとなるおそれがある。29日に予想される最大瞬間風速は北西のち南東の風40メートル、波の高さは8メートル。

 また、小笠原諸島では29日は次第に雨も強まり、30日にかけて雷を伴い非常に激しい雨の降るおそれがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫、落雷、突風に警戒・注意が必要だ。

最終更新:7/28(金) 6:14
ウェザーマップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ