ここから本文です

ごみ袋で詐欺防止 北海道江差町などでメッセージ入り販売へ

7/28(金) 10:22配信

北海道新聞

「地域の絆で詐欺を撲滅」

 【江差】「地域の絆で詐欺を撲滅」。檜山管内江差町などでつくる南部桧山衛生処理組合が、特殊詐欺への注意を促すメッセージを載せた指定ごみ袋を約96万枚作製した。江差署によると、道内の警察署で特殊詐欺防止の啓発に指定ごみ袋を活用するのは初めて。

【動画】住宅火災2人死亡、1人けが 札幌・厚別区

 同署地域課石崎駐在所(同管内上ノ国町)の古平周作巡査部長(39)が「ごみ袋は目に留まりやすい」と発案し、組合側に働き掛けた。

 メッセージは「地域の絆で―」と「詐欺に注意!」「詐欺撲滅!」の3種類。「燃やせるごみ」と「燃やせないごみ」の前面に印刷した。江差町に加え、組合所属の上ノ国、厚沢部、乙部の各町と、渡島管内八雲町の熊石地区の計約1万2千世帯で使われる。今週末にも各町のスーパーなどで販売される。

北海道新聞

最終更新:7/28(金) 10:22
北海道新聞