ここから本文です

カンニング竹山による過激バラエティ「恋愛中毒」が古巣「GYAO!」で復活! お色気混じりの笑いも期待!?

7/28(金) 15:07配信

トレンドニュース(GYAO)

お笑いタレント・カンニング竹山によるバラエティ「カンニングの恋愛中毒」が、約7年ぶりに映像配信サービス「GYAO!」に帰ってきた。復活までの道のりは、すんなりとはいかなかった――!?

【無料配信】放送コードギリギリのお色気混じりの笑いも「カンニングの恋愛中毒」配信中>>

「カンニングの恋愛中毒」は、2004年に「GYAO!」でスタート。「モテない男に本当の幸せは訪れるのか」をコンセプトに掲げて、ときには放送コードギリギリのお色気混じりの笑いを届けてきたが、2010年に打ち切りに。2012年にBSフジで復活した際も、18歳以下には見せられないネタのコンテスト「大人の祭典R-18グランプリ」、芸人たちが“最低”なラップを披露する「G(ゲ)-スタイルダンジョン」など個性的な企画をおこなってきたが、やはりこちらも昨年に番組終了となった。ネット番組黎明期(れいめいき)に配信された過激な番組内容は、もはや伝説となっている。ちなみにお笑い芸人・鳥居みゆきを発掘した番組としても有名。

その「カンニングの恋愛中毒」の新作が、7月14日に「GYAO!」にて配信された。竹山は、番組の元スタッフたちを引き連れて、番組復活を依頼するため古巣「GYAO!」を訪れる。お偉方を前に、竹山はいろいろな企画の売り込みをかけるが……。ラップ越しに素人女性とキスする、巨乳の谷間でマンゴーを挟む、巨乳グラドルが“手ブラ”状態で「叩いてかぶってジャンケンポン」対決を行うなどの企画が、ときには実演も交えながらプレゼンされた。なかなか見られない過激(?)な映像が満載だが、「GYAO!」側の答えは一体!? あまりのくだらなさにゲラゲラ笑いつつ、「昔のテレビってこんな感じだったな……」と一抹の懐かしさに浸れる番組かもしれない。

(文/原田美紗@HEW)